東京の狙い目地域

向き合う高層ビル

東京の繁華街は、都内及び市町村にそれぞれ点在していますが、やはり古くから存在する繁華街には、歴史を感じさせる居酒屋や飲食店などがあり、風情を感じます。
地方都市と異なる点としては、繁華街の傾向が地域によって異なる事だと思います。
地方都市の場合には、あらゆる形態のお店が密集しておりアクセスが比較的しやすいという特徴がありますが、東京の場合には地域それぞれに特色があるため、何かを求める場合にはそれに適した場所に出向く事となるかと思います。
ブランド品の衣類や小物を扱うショップが多い地域や、飲食店が多い所や、家電製品を多く扱う所など様々です。
とはいえ、最近は個人商店で生き延びるのも難しくなっているのか、チェーン展開している大型店舗が増えている地域もあるため、地方都市と似たような風景の場所もあるように感じます。

前段の繁華街について述べた事と同様に、東京都の市区町村それぞれに特色が色濃くあるため、見所が沢山あるように思われます。
オフィス街が多い所もあれば、繁華街だらけの所や、学校が多い所もあったりします。

ただし、市町村では地方都市と同様な傾向も見受けられるように思われます。
なお日本国内において、東京都が最も労働力が集中している事から、地方出身者が多く存在するため、地元意識は低い傾向があるでしょう。
いずれにおいても、日本の中でトップクラスの人口密度と賑を見せているのが東京の魅力であり特徴なのです。