不動産の探し方

遠くから見た街

東京最大の繁華街である「渋谷」は古い歴史を持つ街です。
まず江戸時代の渋谷は、幕府の直轄地として統治されていました。
また渋谷は丘と低地で住んでいる人の種類が異なりました。
渋谷の丘部分ほとんどが武家屋敷、低地部分はほとんどが水田を耕す農家でした。
現在の渋谷の根強いイメージとしてあるのは「若者の街」です。
新宿や赤坂に較べると若い人たちの比率が高いです。
渋谷の西口は繁華街が広がっています。
特に駅前の交差点は、午後から深夜にかけてかなり混雑する場所です。
また西口には日本全国に知られている有名な待ち合わせ場所である「ハチ公」があります。
また西口に較べて東口は自動車の通行が多く、空気の汚れている印象を受けます。

「渋谷」の名称の由来として有力な説は、「渋谷金王丸」です。平安時代末期から鎌倉時代にかけて、この現渋谷の地域を本拠地とする武将の一族がいました。
この武将一族の名前を「渋谷氏」といいました。さらにこの一族に源義朝の近従だった「渋谷金王丸」がいました。
これが渋谷の名称の由来として有力なものです。渋谷は江戸時代には「大山街道(現在の国道246号)」沿いの集落として栄えました。
また明治時代には山手線が開通しました。渋谷は東京都渋谷区の地名であり。
「渋谷1丁目」から「渋谷4丁目」までで構成されています。現在の人口は約3000人です。
またこの渋谷1丁目から4丁目の地域以外に有名なところで「道玄坂」「宇田川町」「神南」「桜丘町」などがあります。